はじめての出張買取り – 組み合わせ印と複写式の仕切書を用意してから行きました。

古物商許可申請の書類作成!

友人から「いらない物がたくさんある」という連絡をもらったので、自宅に伺って買取りをしました。

警視庁のホームページ(違反行為)にも記載されていますが、古物の買取りは、「届け出た営業所か、相手方の住所、居所」で行わなければなりません。

仕入れた商品は全部で 17点。

はじめてにしてはスムーズに買取れたと思います。友人には「お部屋が片付いて、お金が貰えるなんて」と喜んでくれました。

以下は買取りをする時に持っていった便利グッズです。

3枚複写の仕切書

お店で商品を仕入れる際には会計時に領収書を貰えますが、個人の方から仕入れる際には、あらかじめこちらで領収書を用意しておくと親切だと思います。

営業しているのはこちらですし、領収書が置いあるご家庭って少ないですよね。

文房具屋さんには色々な領収書が並んでいますが、買取りには3枚複写の仕切書が適当だと思いました。

領収書のほかに、買取明細書としても残せるので管理がしやすいです。

  • 1枚目
    買取明細書(弊社の古物台帳添付用)として持ち帰ります。
    宛名は「お客様」。但し書きは「買取り」申し上げます。
  • 2枚目
    買取明細書(お客様のお控え用)としてお渡しします。
    1枚目に記載した内容が全て複写されています。
  • 3枚目
    領収書(弊社の税務用)として持ち帰ります。
    宛名は「弊社」。但し書きは「領収」申し上げます。

●私は下記のような手順で3枚複写を利用しています。1枚目と2枚目の発行者には、あらかじめ会社の印鑑を押しておくとスムーズです。

① 共通の項目「日付」「品名」「金額」を 3枚全部に記入(複写)します。
② 3枚目だけを切り離します。
③ 1~2枚目の宛名には「お客様の名前と連絡先」、但し書きには「買取り」と記入(複写)します。
④ 3枚目はお客様にお願いをして、宛名に「弊社の名前」、発行者には「お客様の名前と連絡先(印鑑)」、但し書きには「領収」と記入してもらいます。

組み合わせ印(親子印・ゴム印)

仕切書の1枚目と2枚目に押してる会社の印鑑は、組み合わせ印を利用しています。

組み合わせ印は、1行ずつ取り外しができる利便性の高い印鑑です。順番を替えたり、同じ規格のものであれば新たに追加することもできます。

●株式会社 ○○○○○○○
●〒000-0000 東京都○○区○○○ 1-23-4
●TEL03-0000-0000 FAX00-0000-0000
●古物商許可証 第0000000号 東京都公安委員会

価格は 4行セットで2,500円ほど。

古物関係の書類に限らず、税務署に提出する書類や封筒の差出人としても使えるので大変役立っています。

あと、「メールアドレス」「自分の名前」を追加予定です。

タブレットが大活躍

仕入れた商品は、インターネットオークション「ヤフオク!」で販売しようと考えているため、タブレットで落札価格を調べながら査定しました。

ヤフオク!の取引相場は「オークファン」というサイトで調べられます。

ちなみに、買取価格は「相場の 20% + 気持ち」です。

査定額に納得してもらえたら、身分証明書を提示してもらい住所・氏名・年齢などを確認。品目や金額に関わらず身分証明書のコピーを取ることに決めているので、タブレットのカメラを使って撮影させてもらいました。

営業所に帰ってからの作業

まず、持ち帰った商品と買取明細書を見ながら古物台帳に記帳しました。

以前、古物台帳について綴りましたが、手書きではなくExcelファイルを利用しています。

それから、タブレットで撮影した身分証明書をプリントアウトして買取明細書と一緒に保管。領収書をまとめて、とりあえず初めての出張買取りは終了しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。