古物商の標識をネット通販で購入 – 値段の割に頑丈で気に入りました。

古物商許可申請の書類作成!

お客さまに安心してご利用いただけるように、許可番号などを明記した標識を営業所の入口に提示しました。また、営業所だけでなく露店を出す場合でも、お客さまの見える場所に提示することが古物営業者の義務となっています。

標識の様式

標識はネームプレートみたいなもので、様式については許可証を受け取ったときに詳しく教えてもらいました。材質はプラスチックなど耐久性があるもので、縦 8cm 横 16cm。紺色地に白文字で、以下の内容を明記します。

●東京都公安員会許可第○○○○○○号
古物商許可証に記載されている番号です。

●衣類商
主として取り扱おうとする古物の区分の品目です。

●株式会社○○○○
法人許可は法人名。個人許可は氏名です。

古物営業ガイドブック:警視庁生活安全部生活安全総務課

(1)この様式は、古物商がその営業又は、露店に掲示する標識の様式とする。
(2)材質は、金属、プラスチック又はこれらと同程度の耐久性を有するものとする。
(3)色は、紺色地に白文字とする。
(4)番号は許可証の番号とする。
(5)図示の長さは、センチメートルとする。
(6)「○○○商」の「○○○」部分には、当該営業所又は露店において取り扱う古物に係る第2条各号に定める区分(二以上の区分に係る古物を取り扱う場合は、主として取り扱う古物に係る部分)を記載すること。ただし、、同条第1号の美術品類については「美術品」、同条第3号の時計・宝飾品類については「時計・宝飾品」、同条第5号の自動二輪車及び原動機付自転車については「オートバイ」、同条第6号の自転車類については「自転車」、同条第7号の写真機類については「写真機」、同条第8号の事務機器類については「事務機器」、同条第9号の機械工具類については「機械工具」、同条第10号の道具類については「道具」、同条第11号の皮革・ゴム製品類については「皮革・ゴム製品」、同条第13号の金券類については「チケット」と記載するものとする。
(7)下欄には、古物商の氏名又は、名称を記載するものとする。
※個人許可は氏名、法人許可は法人名です。

標識の購入

費用を掛けたくないので、安価で販売しているお店をインターネットで探して購入しました。

とっても安価だったので少し心配でしたが、届いた標識は思っていたより頑丈で気に入りました。

標識

かかった時間と費用

標識到着まで 3日
費用 880円

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。