古物商許可申請の書類作成 – 警視庁ホームページの記載例を参考にしました。

古物商許可申請の書類作成!

警視庁のホームページにある記載例が分かりやすかったです。手書きで大変ですが迷わず作成することができました。ちなみに各申請書の日付は記入していません。記載内容に間違いが発覚した場合、当日中に受付けてもらえない可能性があるからです。

各申請書の日付は全ての申請内容を警察署で確認してもらい、提出する直前に記入したいと思います。

申請に必要な書類

●許可申請書
●略歴書
●誓約書
●営業所の賃貸借契約書のコピー
●駐車場等保管場所の賃貸借契約書のコピー
●URL を届け出る場合は、プロバイダ等からの資料のコピー
●定款(法人)

申請に必要な申請書類

許可申請書

よく分からなかった項目「行商」「古物の区分」については、警察署で教えてもらいました。他の項目は、会社名・名前・住所などを記入するだけなので簡単です。

●行商について
営業所(お店)以外で古物を販売したり買取りをすることです。フリーマーケットで販売したり、相手先を訪問して買取ることがあるので「1.する」を選択しました。

●古物の区分について
主として取り扱おうとする古物の区分(1つ)で選択した品目は、標識に記載することになります。取り扱う古物の区分(複数可)は、開業後でも品目を増やせるみたいなので、とりあえず取り扱う予定の品目だけ選択しました。

古物営業法の解説:警視庁

古物は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されています。

(1) 美術品類
あらゆる物品について、美術的価値を有しているもの
【例】 絵画、書、彫刻、工芸品、登録火縄銃・登録日本刀

(2) 衣類
繊維製品、革製品等で、主として身にまとうもの
【例】 着物、洋服、その他の衣料品、敷物類、テーブル掛け、布団、帽子、旗

(3) 時計・宝飾品類
そのものの外見的な特徴について使用する者の嗜好によって選択され、身につけて使用される飾り物
【例】 時計、眼鏡、コンタクトレンズ、宝石類、装飾具類、貴金属類、模造小判、オルゴール、万歩計

(4) 自動車
自動車及びその物の本来的用法として自動車の一部として使用される物品
【例】 その部分品を含みます。タイヤ、バンパー、カーナビ、サイドミラー等

(5) 自動二輪車及び原動機付自転車
自動二輪車及び原動機付自転車並びに、その物の本来的用法として自動二輪車及び原動機付自転車の一部として使用される物品
【例】 タイヤ、サイドミラー等

(6) 自転車類
自転車及びその物の本来的用法として自転車の一部として使用される物品
【例】 空気入れ、かご、カバー等

(7) 写真機類
プリズム、レンズ、反射鏡等を組み合わせて作った写真機、顕微鏡、分光器等
【例】 カメラ、レンズ、ビデオカメラ、望遠鏡、双眼鏡、光学機器

(8) 事務機器類
主として計算、記録、連絡等の能率を向上させるために使用される機械及び器具
【例】 レジスター、タイプライター、パソコン、ワープロ、コピー機、ファックス、シュレッダー、計算機

(9) 機械工具類
電機によって駆動する機械及び器具並びに他の物品の生産、修理等のために使用される機械及び器具のうち、事務機器類に該当しないもの
【例】 工作機械、土木機械、医療機器類、家庭電化製品、家庭用ゲーム機、電話機

(10) 道具類
(1)~(9)、(11)~(13)に掲げる物品以外のもの
【例】 家具、楽器、運動用具、CD,DVD,ゲームソフト、玩具類、トレーディングカード、日用雑貨

(11) 皮革・ゴム製品類
主として、皮革又はゴムから作られている物品
【例】 鞄、バッグ、靴、毛皮類、化学製品(ビニール製、レザー製)

(12) 書籍

(13) 金券類
【例】 商品券、ビール券、乗車券、航空券、各種入場券、各種回数券、郵便切手、収入印紙、オレンジカード、テレホンカード、株主優待券

略歴書

最近の職歴を時系列に記入しました。履歴書の簡易版みたいな感じです。

古物営業法の解説:警視庁

最近5年間の略歴を記載した、本人の署名又は記名押印のあるものです。5年以上前から経歴に変更がない場合は、最後のものを記載し、「以後変更ない」「現在に至る」等と記載してください。

誓約書

代表者が営業所の管理者を兼ねるので、管理者用の誓約書に記入しました。

古物営業法の解説:警視庁

古物営業法第4条(許可の基準)に該当しない旨を誓約していただく書面です。

個人許可申請の場合において、申請者本人が管理者を兼ねる場合は、管理者用の誓約書を記載して提出してください(個人用と管理者用の2種類を提出する必要はありません。)。

法人許可申請の場合において、代表者や役員の中に営業所の管理者を兼ねる方がいる場合は、その方については、管理者用の誓約書を記載して提出してください(その方の役員用と管理者用の2種類を提出する必要はありません。)。

ご本人が内容を確認のうえ、ご本人の署名又は記名押印してください。
外国人の方の場合は、母国語の訳文を付けるか、誓約書の本人署名欄下に、「上記誓約内容を○○語で通訳し、理解したうえ本人が署名しました 通訳人○○○○(署名)印」と記載してください。

営業所の賃貸借契約書のコピー

親族が所有している建物に営業所があり、賃貸借契約書がないことを警察署で相談しました。自分の営業所以外にも、テナントが入っていたり、居住者がいるなら、所有者の使用承諾書が必要なことを教えてもらいました。

自分にとっては来客でも、他の居住者にとっては知らない人が勝手に建物内をウロウロしていると思いますよね。とっても面倒でしたが、所有者の親族に事情を説明して、予め用意しておいた使用承諾書に署名捺印してもらいました。

古物商許可申請:警視庁

営業場所が正規に確保されているかを確認するものです。自社ビル、持ち家の場合は、必要ありません。賃貸借契約者名が許可申請者と異なる場合(親会社、関連会社の名前で契約している等)は、貸主等から「当該場所を古物営業の営業所として使用承諾している」旨の内容の書面(使用承諾書)を作成してもらい、添付してください。

※分譲、賃貸に限らず、マンションや集合住宅など、使用目的が「居住専用」となっている場所や「営業活動を禁止する」となっている場所は、そのままでは営業所として申請を受理できません。所有者や管理会社・組合から「当該場所を古物営業の営業所として使用することを承諾する」旨の内容の書面(使用承諾書)を作成してもらい、添付してください。

駐車場等保管場所の賃貸借契約書のコピー

駐車場や保管場所は借りないので、作成しませんでした。

URL を届け出る場合は、プロバイダ等からの資料のコピー

ホームページでの販売はしないので、作成しませんでした。

法人の定款

会社設立時に「古物の売買」を記載しておいて良かったです。まずは CD に保存されている定款をプリントアウト。それから最後のページの最下部に、赤色のボールペンで原本と相違ないことの文言と名前を記入して角印を押しました。

古物商許可申請:警視庁

1 法人として古物営業を営む意思の確認のため、法人の目的欄に、「古物営業を営む」旨の内容が読み取れる記載が必要です。
【例】「○○の買取り、販売」、「○○の売買」
法人目的欄に「古物営業を行う」旨が読み取れる文章がない場合、定款の変更が株主総会の決議を経ないとできない場合などは、古物営業を営む旨を決定した内容のある「役員会の議事録の写し」又は「代表取締役の署名押印のある書面(確認書)」もあわせて提出してください。

2 定款は、コピーで可ですが、末尾に、
 以上、原本と相違ありません
 平成○年○月○日
 代表取締役 【代表者氏名】 代表者印
と朱書・押印したもの。

かかった時間と費用

書類作成にかかった時間 2時間
費用 0円

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

  • マチャ より:

    申請書を作ってたら、こちらにたどり着きました。
    行商と古物の区分の違いがわからなかったけど、そういうことなんですね。
    よくわかりました。ありがとうございます。
    また分からないことがあったら寄らせてもらいますね。

    • admin より:

      マチャさん、コメントありがとうございます!
      お役に立てて良かったです。
      またお寄り頂けると嬉しいです。

  • masa より:

    これから古物の免許をとろうと思っているのですが、定款の事業内容には古物についてどのように書かれましたか?

    • admin より:

      masa さん、コメントありがとうございます!
      定款には「古物の売買」と記載しています。
      私は事前に営業所を管轄する警察署と法務局で確認しました。
      警察署によって記載する内容が違うかもしれませんので、
      確認された方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。