DELL Vostro 260s SSD換装 – HDDはデータ保存用としてそのまま残しました。

DELL Vostro 260s SSD換装 - HDDはデータ保存用としてそのまま残しました。

少し前に引き取ってきた DELL Vostro 260s。

結局自分で使うことにしたんですけど、動きの遅さにストレスを感じて、ストレージをHDD500GBからSSD120GBに換装しました。

SSDを購入するのに5,000円ほどかかりましたが、サクサク動くようになって大変満足しています。

SSDの購入先はヤフオクです。

電源投入回数1回のほぼ新品が出品されていたのでそちらを購入しました。

●Kingston SSD 120GB 2.5インチ。

SSDの取り付け

この機種はSSDの取り付けが簡単でした。

HDDの裏側に2.5インチのSSDが取り付け

HDDの裏側に2.5インチのSSDが取り付けられるようになっています。

SSDの電力供給とSATAケーブル

電力の供給は、HDDにつないでるケーブルの途中にコネクタ (分岐) があったのでそれを使いました。あとはSATAケーブルをマザーボードに繋ぐだけ。

SSDの初期化

Windows起動後にディスクの管理からSSDを初期化。

MBRを選択

MBR (マスターブートレコード) とGPT (GUIDパーテーションテーブル) の選択を求められますので、MBRを選んで初期化しました。

あらかじめ、どちらのパーテーションスタイルなのか調べておかないと、移行する際に失敗すると思います。

●参考サイト
ハードディスクドライブのパーテーション方式について

HDDからSSDに移行

OSやソフトを再インストールするのが面倒なので、HDDをクローンコピーして、そっくりそのままSSDに移しました。

EaseUS Todo Backup Free

クローンに使ったソフトはEaseUS Todo Backup Free

容量が少なかったこともあり20分ほどで移行できました。

●参考サイト
EaseUS Todo Backupのシステムクローンで簡単SSD交換

起動順を変更

BIOSから起動する順番を変更。

BIOS起動順位

最初にSSD (SATA:KINGSTON SV3 …) が起動するようにして換装終了。

無事SSDからWindowsが起動しました。

速度を確認

CrystalDiskMarkでのベンチマーク結果。

CrystalDiskMarkベンチマーク

[左]HDD [右]SSD

もう少し良い結果を期待してたんですけど、古い機種なので仕方ありません。

転送速度6GbpsのSATA3ケーブルを使いましたが、残念ながらチップセット (Intel H61) はSATA3に対応していないようです。

SSD本来の速度は出ていませんが、ストレスを感じることなく使えるようになりました。

HDDの初期化

ディスクの管理からHDDを初期化。

HDD初期化

HDDはデータ保存用 (Dドライブ) にしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

  • SSD換装 より:

    わかりやすい手順説明ありがとうございます。参考にさせていただきます。

    • admin より:

      SSD換装さん、コメントありがとうございます。
      少しでもお役に立てば幸いです。

  • イーザス より:

    古物商許可証を取得しました!
    管理人様

    お世話になっております。
    EaseUS Softwareです。

    突然のコメント、失礼致しました。

    御ブログで弊社の製品をご紹介頂きまして感謝しています。

    この記事を拝読した後、ちょっとお願いしたいことがございますが、宜しいでしょうか?

    より詳しい内容を読みたいユーザーのために、製品名EaseUS Todo Backup Freeに下記の公式ページを貼り付けて頂けませんでしょうか?

    https://jp.easeus.com/backup-software/free.html

    お忙しい中ご無理申し上げまして大変恐縮でございますが、ご検討頂けば幸いに存じます。

    どうぞよろしくお願い致します。

    • admin より:

      イーザスさん、コメントありがとうございます。
      それから、使いやすくて便利なソフトありがとうございます。
      製品名EaseUS Todo Backup Freeにリンクの件は了解しました。
      それではよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。